乳幼児のハミガキ方法

MENU

乳幼児のハミガキ方法

0〜6カ月くらいはまだ歯がないので虫歯の心配はありません。しかし生後6カ月くらいになると歯が生え始めます。この時期はまだ食後にガーゼで拭く、白湯を飲ませて洗い流す、乳児用のハミガキをくわえさせて慣れさせるくらいで大丈夫です。
8カ月くらいになると上下の歯が生え始めて、本格的な離乳食も始まる時期なので虫歯にならないように注意し始めましょう。ガーゼで拭く、白湯を飲ませるもまだまだ有効です。
離乳食の分、食べかすが多くなりますのでハミガキでゴシゴシする習慣をつけたい時期ですね。

 

注意しなければならないのは、歯を磨いた後の夜中の授乳です。母乳に含まれる乳糖が歯についた歯垢と反応して虫歯の原因になるそうです。歯医者さんに行くと、歯が生え始めたらそろそろ断乳しましょうと言われるのはそのせいです。
でも、1歳前後だとまだまだ夜中の授乳がないと寝付けない、夜泣きがひどいお子さんもいらっしゃると思います。虫歯になるから断乳しないととお母さんが必死になるとお互いにストレスがたまりますので、まずは歯ブラシに慣れさせてハミガキ嫌いなお子さんにしないことも方が虫歯には効果的です。

 

1歳を過ぎると離乳食も進み大人と同じ食事に近づきますし、おやつやジュースなどの甘いものを食べるチャンスも増えてきます。親がハミガキをする様子を見せることで、みんなやっているという意識をさせることも大切です。
仕上げ磨きは最初はお母さんの顔が見える寝かせ磨きが推奨されています。しかし多くの場合、お子さんが寝ころぶのを嫌がるようになります。そんなときは、スターキーズポジションと呼ばれる立たせ後ろ磨きがおすすめです。