子供 虫歯にならない 予防

MENU

気をつけていても何故かなってしまう子供の虫歯

子どもの虫歯は100%親の責任!とよく言われますね。

 

子ども 虫歯 予防

 

・ウチの子、歯磨きが嫌いで泣いて嫌がるからザッとしか磨けません。
・うっかりお箸やスプーンを共有しちゃいました。
・お菓子やジュースなど甘いものを食べさせました。
・私も歯が弱くて、子どもにも遺伝したみたいです。
・ちゃんと磨いていたつもりだったんだけど、虫歯になってしまいました。

 

どんな理由も、お子さんのせいになるものはありません。
お子さんの歯を守れるのは、お父さんお母さんだけなのです。

 

子ども 虫歯 歯磨き粉

 

飲食をしたらフッ素入りのハミガキでしっかり仕上げ磨きをして、キシリトールのタブレットをかませています。
うちの子もそうでした。でも、それでも虫歯になってしまったのです。

 

日本で売られている歯磨き粉のほとんどにフッ素は配合されています。でも、虫歯は減っていません。
コンビニよりも多いと言われる歯医者さんですが、いつも予約でいっぱいです。
毎日歯磨き粉で磨いていても虫歯になります。フッ素だけでは不十分なのです。

 

では、どうしたらいいのでしょう。

 

 

虫歯にならない子どもたち

 

実は歯磨きをほとんどしないのに、虫歯にならない人がいるのをご存知ですか?

 

そういう人の口の中には、虫歯の原因菌ミュータンス菌がいません。
ミュータンス菌は糖分をエサとして酸を作り歯を溶かします。
しかし虫歯の原因となる菌がいないのですから、不摂生でも虫歯にならないのです。

 

ミュータンス菌は親の口から子供にうつりますので、2〜3歳まではキスや食器の共有を避けましょうと育児書には書かれています。
せっかく気をつけていたのに、祖父母にやられてしまったなんていう失敗談も少なくないはずです。
せっかくの苦労が水の泡となって本当に悔しいですね。

 

子ども 虫歯 対策

 

でもまだ大丈夫です。

 

 

虫歯予防成分

 

実は虫歯ならない子たちにはミュータンス菌がいないだけではなく、BLIS M18という虫歯予防成分がある菌を持っていたのです。
虫歯のできない子たちが持つBLIS M18が虫歯菌を追い出し虫歯を防いでいたのです。

 

しかし生まれながらにBLIS M18を持っていて虫歯ができない子は世界の2%しかいないそうです。
つまり、ほとんどの人がBLIS M18を持っていないということです。

 

BLIS M18、お子さんの口の中にも欲しいと思いませんか?

 

実はBLIS M18が配合されたデンタルケア商品があるのです。
それがブリアンです。

 

ブリアンは小さなお子さんが毎日使うものなので成分の優しさにこだわって作られており、殺菌剤や界面活性剤、発泡剤や研磨剤などは使われていません。
1回あたり50円でお子さんの歯を強く丈夫にすることができます。
うっかり食器を使いまわしてしまってミュータンス菌を入れてしまったと言う方にもおすすめです。

 

小さなお子さまでも使いやすいように、美味しいイチゴ味を採用しています。
お子さんの虫歯は親の責任と言われますが、虫歯に強い歯にしてあげられるのも親だけです。

 

子ども 虫歯 負けない